未来の乗り物を体験

伊勢原JCが企画 社会 ラギーを試乗(写真上)/コンセプトカーを展示 伊勢原青年会議所(伊勢原JC・舘大樹理事長)が11月25日、11月の第一例会「未来のモビリティ試乗会」を日産バスターミナル(市内伊勢原)で開催した。  「未来の乗り物試乗体験×人と人との交流=人のつながりから来る活気ある伊勢原の創造」をテーマに、最先端モビリティの試乗を通して新たな乗り物の可能性とまちへの普及に向けた市民の意識変革を目的に行われた。  この日は予定を超える200人の応募があったため、午後からの試乗会を急きょ午前中から開始。インモーション(セグウェイ式立ち乗り車)やラギー(シニアカーを若者用にデザインした車)の試乗や日産のニューコンセプトカーの展示も行われた。  参加者はみなはじめこそ操作に戸惑いながらもすぐにコツをつかみ、楽しそうに乗りこなし、会場は子どもたちのはしゃぐ声が溢れていた。舘理事長は「伊勢原のまちに未来の乗り物を普及していきたいと考えて企画した。伊勢原の未来を豊かにするため、私たちの思いに協力いただければ」と話した。

海老名市が家庭ごみ袋有料化、戸別収集へ 来年9月末から

海老名市議会は29日、本会議を開き、家庭系の有料ごみ袋や戸別収集の導入を盛り込んだ条例改正案について賛成多数で原案可決した。施行は来年9月30日で、市は市民への周知に注力していく考えだ。  県内市で家庭系ごみの有料化を導入しているのは11月現在、大和、藤沢、鎌倉、逗子の4市。今回の改正条例が施行されれば海老名市は現状、4市に次ぐ5例目となる見通し。  29日の本会議の討論では、市がごみの広域処理で座間、綾瀬市と高座清掃施設組合(海老名市本郷)を構成する点を踏まえた意見が賛否双方の立場から相次いだ。賛成議員は家庭系ごみの排出量が削減目標値に届いていない現状や施設を抱える地域の負担軽減の観点に触れ、「あらゆる手段で減量化に取り組んでいかないといけない。(有料化などの)手法は他市での効果を見れば確か」とした。  一方、反対の立場の議員からは組合を3市で構成する点や海老名の家庭系ごみの排出量が他の2市より相対的に少ない点に言及し、「海老名だけの有料化は市民の理解を得られない」などと指摘した。  結果的に賛成多数で可決となったが、直後に「座間、綾瀬市にさらなるごみの減量化を求め、有料化の導入を促す」などとする付帯決議も出され可決した。  海老名市では今後、事業系ごみの減量化策も内容を強化した上で家庭系の改正施行と同じタイミングでの導入を図りたい考え。また、施行が消費増税の時期と重なることから、家計への負担軽減と改正の周知を兼ね、指定袋の無料配布なども検討していく。

酔良亭ばんばんが2連覇

圧巻の勝利――。11月10日に開催された「おいしい厚木コンテスト」。「祭り」を知り尽くした男・井手稔率いる「モヒカン居酒屋 酔良亭ばんばん」(市内泉町)が2連覇を果たした。  「厚木を食でもっと元気に」を合言葉に昨年から始まった「おいしい厚木コンテスト」(主催/厚木みなみ商工クラブ/AMI厚木オイシイ南の輪、望月喜代志会長)。  厚木由来の食材を共通テーマ(霜島畜産生産の元気たまごE)にした料理で、本厚木駅南口の個性豊かで元気な飲食店オーナー8人が参加。賞味した来場者へ配布したシールの数で優勝を競った。  優勝した「酔良亭ばんばん」のメニューは「やきとり9Bayとのコラボメニュー”目玉焼き黒焼きそば”」。「”祭りだから、食べやすく屋台料理で目の前で調理する”というシンプルなことに徹しました」と会場で320食を販売した井手さん。特別賞には、ばんばんに次ぐ人気を集めた「厚木本丸亭」(市内幸町)が輝いた。児童養護施設の子どもたちをサポートする「厚木子友會」の代表も務めている大将の岡さん。当日は子どもたちも同店のブースに参加、ともにイベントを楽しんだ。

【日産前会長逮捕】伊勢原市長が影響懸念「裾野が広い」

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者が金融商品取引法違反容疑で逮捕されたことを受け、伊勢原市の高山松太郎市長は26日の定例会見で「自動車産業は非常に裾野が広いと言われる」と述べた上で、雇用などの面で「影響が出なければいいと思う」と懸念を示した。  同社の技術開発拠点「日産テクニカルセンター」(厚木市岡津古久)は敷地の一部が伊勢原市東富岡など同市域に位置する。高山市長は今後について「どういう展開になっていくのか分からず、大きな影響が出なければいいなと思う」と話した。

海老名市ツタヤ図書館、年間税金投入が市直営時代の2倍…市、委託契約更新を強行

「TRCは、あれだけボロボロに非難したCCCとまた組むというんですよ。(賛成派の)私ですら、どうなってるのって、そりゃあ思いますよ」 そうあきれるのは、神奈川県・海老名市の市議会関係者だ。3年前、佐賀県武雄市に続く第2の“ツタヤ図書館”として新装開館した海老名市立中央図書館。11月17日付当サイト記事『海老名市、ツタヤ図書館の継続ありきで選定の疑惑…募集・審査過程に不可解な点』にて、海老名市が、レンタル店「TSUTAYA」を全国展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と図書館流通センター(TRC)を、引き続き市立図書館の指定管理者として選定した顛末について報じた。 今回は、その決定の背景にある、自治体と事業者の“思惑”について、さらに詳しく迫っていきたい。 競合なしの茶番劇  クライマックスは、9月下旬にやってきた。 筆者のもとに「ついに、あのTRCがJV(共同事業体)離脱」「TRCはCCCと決別して単独応募」との未確認情報が流れてきたのだ。 「CCCとTRCは提携を解消せず、これまで通りJV継続」と早くから決め打ちしていた筆者も、慌てて記事を書く準備を始めた。 しかし、それがガセネタであることは、間もなく判明した。週明けの議会で「現在、指定管理者の公募に何社が応募しているか」と質問された教育次長が「一事業体のみ」と回答したのだ。 TRCがJVを離脱して単独応募するのであれば、CCCと全面対決となって「一事業体のみ」ではなくなる。可能性として残るのは、これまで通りCCCとTRCのJVのみ応募と、TRCまたはCCCのどちらかだけが単独応募するパターンだが、TRCが黙

科学部」厚木で始動

横浜市西区にあった「神奈川県立青少年センター科学部」が10月22日に厚木市へ移転してきた。11月11日には移転記念のキックオフイベント「青少年のためのロボット体験会inあつぎ」が開催され、本格始動した。  科学部は同センターが56年前に開館以来、青少年を対象に科学を体験できる活動の場として事業を展開してきた。国から指定された「さがみロボット産業特区」内である厚木への移転は、県内企業や研究機関、大学との連携強化へ向けたもの。  キックオフイベント当日の式典では、首藤健治副知事が「昭和37年にオープンした青少年センターは当時としては最先端のプラネタリウム、科学の展示物を備えて完成した。科学は進歩し、50年前には考えも及ばない技術が進んでいる。厚木の地に越してきたことで、プログラミングなどの新しい技術を積極的に学ぶ場が広がればありがたい」とあいさつ。小林常良厚木市長は「小島グループさんが素晴らしい施設を誘致していただいたことに感謝している。厚木ではロボット特区になる前からロボットの研究を推進してきた。次世代の子どもたちのために環境整備がさらに充実したことに感謝し、子どもたちの頑張りに期待したい」と来賓代表としてあいさつした。  科学部の場所はプロミティあつぎビル(中町4の16の21)の2階。各種講座が開催できる科学体験室を備えている。常設展示はない。村上聡部長は「今後も青少年の科学分野への興味関心を高める講座を推進していきたい」と話している。

【ららぽーと海老名】あの年越しカウントダウンDISCOを今年も開催!先着300名様限定 プレミアムパーティー 平成最後の年越しカウントダウンDISCO PARTY in EVVIVA!

三井不動産商業マネジメント株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 青柳雄久)が運営する、三井ショッピングパークららぽーと海老名は、先着300名様限定のプレミアムパーティー「平成最後の年越しカウントダウンDISCO PARTY in EVVIVA!」を12月31日(月)22:00~開催いたします。 ららぽーと海老名3F EVVIVA! (フードコート)では、 この夏、DJ OSSHYや荒木師匠を招待して盛りあがりを見せたEVVIVA! DISCOに続き、平成最後の年越しカウントダウンを盛りあげるDISCOをスペシャル開催。DJによるトークやららぽーとのお買物券があたるお楽しみ抽選会など、楽しいコンテンツが盛りだくさん。さらに、イベントチケットをご購入いただいたお客様全員に、当日限定で3F EVVIVA! (フードコート)でご利用いただけるお食事券1,000円分をもれなくプレゼント! 平成最後の年越しはららぽーと海老名でDISCO MUSICに酔いしれよう。素敵な1年のスタートを、ぜひららぽーと海老名で! ★ 平成最後の年越しカウントダウンDISCO PARTY in EVVIVA! ★ 【開催日時】 2018年12月31日(月) 22:00~24:20 【実施場所】 3F EVVIVA!(フードコート) 【受付場所】 2F 海老名駅方面口エントランス前 ※21:45開場 23:00受付終了 ★ チケット好評発売中!★ 【チケット価格】 お一人様2,000円(税込) ※「お楽しみ抽選会」抽選番号付 ※フリードリンク付 ※フードはフードコート店舗を

いきもの応援メッセージ、厚木市が月末までブース継続

いきものがかりの活動再開を応援するメッセージブース=厚木市中町 今月2日に活動再開を発表した厚木、海老名市ゆかりの人気音楽グループ「いきものがかり」を応援しようと厚木市内で特設されていたメッセージブースについて、設置した市などは今月末まで展示を継続することにした。当初は、設置した3日からおおむね1~2週間の予定だった。新たに書き込むことはできないが、再開を喜ぶファンらの熱い言葉が見られる。  ブースは、複合商業施設「アミューあつぎ」(中町)の地下1階の「あつまる横展示会場」に設置。「おかえり!また厚木に来てください」「インドネシアから応援してます。大好きです」「これからもいい曲つくってください」などといったファンの言葉が市内外から寄せられ、枚数は508枚に上った。  市では、ブースの継続とともに市内の観光スポットを紹介するパンフレットなども併せて設置。「いきものがかりの応援とともに、厚木の魅力発信にもつなげたい」(市企画政策課)考えだ。

【ららぽーと海老名】あの年越しカウントダウンDISCOを今年も開催!

三井不動産商業マネジメント株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 青柳雄久)が運営する、三井ショッピングパークららぽーと海老名は、先着300名様限定のプレミアムパーティー「平成最後の年越しカウントダウンDISCO PARTY in EVVIVA!」を12月31日(月)22:00~開催いたします。 ららぽーと海老名3F EVVIVA! (フードコート)では、 この夏、DJ OSSHYや荒木師匠を招待して盛りあがりを見せたEVVIVA! DISCOに続き、平成最後の年越しカウントダウンを盛りあげるDISCOをスペシャル開催。DJによるトークやららぽーとのお買物券があたるお楽しみ抽選会など、楽しいコンテンツが盛りだくさん。さらに、イベントチケットをご購入いただいたお客様全員に、当日限定で3F EVVIVA! (フードコート)でご利用いただけるお食事券1,000円分をもれなくプレゼント! 平成最後の年越しはららぽーと海老名でDISCO MUSICに酔いしれよう。素敵な1年のスタートを、ぜひららぽーと海老名で! ★ 平成最後の年越しカウントダウンDISCO PARTY in EVVIVA! ★ 【開催日時】 2018年12月31日(月) 22:00~24:20 【実施場所】 3F EVVIVA!(フードコート) 【受付場所】 2F 海老名駅方面口エントランス前 ※21:45開場 23:00受付終了 ★ チケット好評発売中!★ 【チケット価格】 お一人様2,000円(税込) ※「お楽しみ抽選会」抽選番号付 ※フリードリンク付 ※フードはフードコート店舗を

7年ぶり選挙へ

来春実施される神奈川県議会議員選挙。本紙の取材に対して現職の渡辺紀之氏(48)、伊勢原市議会議員の萩原鉄也氏(51)が立候補の意向を明らかにした。 渡辺氏  現職の渡辺氏は本紙の取材に対して「2期の間、議会・会派で様々なことをやらせていただき、市民・県議会から信頼を頂いてきた。『もっと、伊勢原をいいまちに』をモットーに国・県の継続的信頼関係を強くしていかなければならない」と3期目への意向を示した。  またこれまでを振り返り「県道61号線の電線地中化をはじめ、県道603号線等の工事も進んでいる。伊勢原の基盤整備、産業振興、歴史文化、観光等、これからも県に要望していきたい」とした。  渡辺氏は1970年生まれ。産能大学(現産業能率大学)卒。伊勢原市議会議員3期目の、2012年の県議会補欠選挙で初当選。現在2期目。産業労働常任委員会副委員長。かながわ自民党県議団副団長。自民党公認。 萩原氏  萩原氏は11月21日、本紙の取材に対して「新たな事業のために市と連携して種まきが必要。何よりもこれから迎える超高齢社会に向けて自分のスキルを活かすことができる」と意欲を語った。無所属での立候補を予定している。  また「青年会議所活動や市議として自分たちの街を良くする努力をしてきました。増え続ける医療費に対してもライフワークである歯科医師としての経験が活かせる場所。施策で必要性を訴えたい」とした。  萩原氏は1967年伊勢原市生まれ。大田小学校・伊勢原中学校・秦野高校を経て神奈川歯科大学大学院を卒業。2006年度伊勢原青年会議所理事長。2012年の伊勢原市議会議員補

いきもの応援メッセージ、厚木市が月末までブース継続

今月2日に活動再開を発表した厚木、海老名市ゆかりの人気音楽グループ「いきものがかり」を応援しようと厚木市内で特設されていたメッセージブースについて、設置した市などは今月末まで展示を継続することにした。当初は、設置した3日からおおむね1~2週間の予定だった。新たに書き込むことはできないが、再開を喜ぶファンらの熱い言葉が見られる。  ブースは、複合商業施設「アミューあつぎ」(中町)の地下1階の「あつまる横展示会場」に設置。「おかえり!また厚木に来てください」「インドネシアから応援してます。大好きです」「これからもいい曲つくってください」などといったファンの言葉が市内外から寄せられ、枚数は508枚に上った。  市では、ブースの継続とともに市内の観光スポットを紹介するパンフレットなども併せて設置。「いきものがかりの応援とともに、厚木の魅力発信にもつなげたい」(市企画政策課)考えだ。

厚木・海老名のPick upイベント情報 11/24(土)〜11/30(金)

朝夕はめっきり冷え込むようになりましたね! 今週末厚木ではスポーツフェス、海老名では農業まつりなどが開催されます♪ ぜひおでかけの参考にしてみてくださいね! 厚木市緑ヶ丘団地の活性化プロジェクト、ミドラボオープンハウスが開催されます! 団地のリデザイン作品展、NPO法人「結の樹よってけし」による子供の遊び場・特設マルシェ、ミニパーティなど、団地全体で盛り上がります♪ 場所:厚木市荻野運動公園 時間:10:00〜15:00 参加無料!!あつぎスポーツレクリエーションフェスティバル|厚木市 11月24日(土)アミューあつぎハンドメイド&クラフトマルシェ 作品の販売、ものづくりを体験できるワークショップも開催。 約20店舗の様々なジャンルのハンドメイド作家さんのお店が並びます。 ハンドメイド体験ワークショップも随時開催しているので、楽しめますよ〜! 場所:アミューあつぎ1階屋外広場又は地下1階屋内広場 時間:10:00〜15:00 アミューあつぎハンドメイド&クラフトマルシェ 画像引用元:http://atsugi-handmade.jimdo.com 11月25日(日)第9回海老名ふれあい農業まつり Twitterで画像を見る 神奈川_県央nakaba@kanagawa_keno 【海老名市・イベント情報】「第9回海老名ふれあい農業まつり」11/25(日)農産物の品評会、地場産野菜や花の販売、ポン菓子、豚汁、卵のつかみ取りなど。詳細は、海老名ふれあい農業まつり実行委員会(046-231-1789)へ。→http://www.city.ebina.kanagawa.

光る浮輪で駅前を花畑に

小田急線海老名駅(神奈川県海老名市)西口の芝生広場で17日、光る浮輪で花畑を演出するアートイベント「『花のロンド』~みんなの広場の花のお祭り~」が行われた。アーティストと一般参加者が、虹色に変わる浮輪を持って踊ったり、パレードしたりして、花畑を表現した。18日も夕方に2回行われる。

3団地結ぶ 厚木でコミュニティー交通実証実験

厚木市は今月から、同市北部のまつかげ台、みはる野、鳶尾の三つの住宅団地を走るコミュニティー交通の実証実験を2ルートで始めた。団地内と近くのスーパーマーケット、国道などを結び、高齢者の買い物に利用してもらう狙い。実験は無料運行だが、本格運行する際は有料にする方針で、「どの程度の料金なら利用するか」といったアンケートも行っていく。  3カ所の住宅団地は小田急線本厚木駅から7キロほど離れた国道412号沿いの斜面。北側のまつかげ台団地(同市まつかげ台)は1972年、南側の鳶尾団地(同市鳶尾)は77年完成で40年以上たつ。その間に位置する、みはる野(同市みはる野)は2004年完成。市によると、3団地合計で75歳以上の人が約1500人いるという。  本厚木駅から412号を路線バスが通っているが、団地内まできめ細かく走るバスは少ない。近隣のスーパーマーケット3店のうち、1店は斜面の高い位置にあるが、残る2店は低い側の412号に近く、自動車を運転しないお年寄りが商品を持ち帰るのに苦労することが多いという。  コミュニティー交通は、タクシー会社に依頼してワンボックス型のジャンボタクシー車両を利用。まつかげ台・みはる野ルートは火、木、土曜日、鳶尾団地ルートは月、水、金曜日、それぞれ午前9時台から午後4時台まで1日7便を運行。停留所はあるが、団地内などでは手を上げると停車する自由乗降方式。  初日だった今月12日は鳶尾ルートで40人、2日目のまつかげ台・みはる野ルートは28人、3日目は27人が利用した。実証実験は12月22日まで行われ、利用状況やアンケートの結果などを踏まえて本格運行

【今週何する?】厚木・海老名のPick upイベント情報 11/17(土)〜11/23(金)

海老名駅間「ViNA GARDENS」でアートイベント「花のロンド みんなの広場の花のお祭り」が開催! 色とりどりに光るうきわを芝生の上に並べてお花畑に◎ 17日(土)、18日(日)には、世界中で高く評価されている人気アーティスト達が集結して木の精や妖精に扮し、海老名駅周辺をパレードするお祭りを開催します。 パレードは参加型で、一般の方も参加OK! 光るうきわを持って、パフォーマーと一緒にダンスなどで盛り上がれます!

「宿坊」に修学旅行いかが…伊勢原市が新戦略 神奈川

寺社の参拝客や僧侶のための宿泊施設「宿坊」を活用して、修学旅行の児童・生徒を受け入れる新たな取り組みを神奈川県伊勢原市が始めている。古くから霊山として信仰を集める大山(おおやま)を抱え、市内には45軒の宿坊が点在しているが、近年は宿泊客数が低迷し、減少傾向にある。市では児童・生徒を新たな観光客の客層として受け入れることで、地域活性化につなげたい考えだ。 市観光協会によると、江戸時代に民衆の間で大山に参拝する「大山詣り」が流行。当時は仲間同士で団体をつくり、「大山講」として参拝する際に、宿坊に宿泊するケースが多く、江戸元禄期には約170軒の宿坊が立ち並び、明治末期にも約80軒が存在した

「おでんナイトニッポン」 海老名で初開催

おでんと共に地酒と新米楽しんで-。海老名市などが初の試みとして「おでんナイトニッポン」と題した夜の催しを16日、海老名駅西口プロムナード(扇町)で開く。市内唯一の酒蔵、泉橋酒造(下今泉)を含め県内13の酒蔵の地酒が味わえるほか、市内産の新米やオリジナルおでんの販売など盛りだくさんの企画だ。  午後4時開始で同8時ラストオーダーの催し。市内飲食店が腕を振るったおでんの販売をはじめ、各酒蔵の地酒が1杯(50ミリリットル)200円で飲める。泉橋酒造は新酒を披露する予定で、同5時の乾杯では「ご縁」に掛け数量限定で1杯5円で販売。良食味米として知られる県内発の品種「はるみ」を味わってもらおうと、海老名市産の新米の試食販売もある。  会場内はジャズなどの音楽を流し、大人の雰囲気を楽しめるようにする。漫才やトークショーのほか、事前申込制で横浜市出身の立川志の八さんによる落語もある。

海老名市、ツタヤ図書館の継続ありきで選定の疑惑…募集・審査過程に不可解な点

10月23日、神奈川県海老名市は、来年4月からの5年間、市立図書館の運営を任せる指定管理者の選定結果を発表した。 選ばれたのは、現在も指定管理者である、レンタルのTSUTAYAを全国展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と図書館流通センター(TRC)に、新たに施設管理を担当する相鉄企業を加えた3社のJV(共同事業体)だった。 3年前、佐賀県武雄市に続く2番目のツタヤ図書館として新装開館した海老名市立中央図書館。同館の開館直前、武雄市でCCCが大量の中古本を購入していたことが発覚。海老名でも調査したところ、選書リスト約8000冊のうち半分が料理本で、付録としてタジン鍋やおろし金、メガネ拭きまで混入していることが判明した。さらに、アジアの風俗ガイド本など不適切な選書があることなども次々と明るみに出た。また、海老名市の図書館では、CCCによる本の“独自分類”が利用者に混乱を来し、「思想が違う」とTRCがJV離脱を表明(後に撤回)する騒動にまで発展した。 それだけに今回、TRCがどのような選択をするのかが注目されていたのだが、結果的にTRCはCCCとのJVは解消しなかった。これにより、同館は来年4月以降も従来通り中央館をCCCが運営し、地域館の有馬図書館をTRCが運営する分業体制の継続が内定した。 7月5日付当サイト記事『不祥事続出で有名なツタヤ図書館、海老名市が議論抜きで今後5年の委託継続決定か?』で報じた通り、海老名市はCCCに来年以降も運営を継続させるためのシナリオを、昨年から周到に準備していた形跡がうかがえる。 今回は、このニュースの裏側で、さまざまな思惑が蠢いて

ビナウォークで点灯式

ビナウォークのイルミネーション「ViNA ひかりのファンタジー」が海老名中央公園で始まり、11月3日には点灯式が開催された。  今年のモチーフは「オーロラ」。約9万球のLEDが幻想的な光を放ち、北欧の世界観をカラフルに表現している。  点灯式には海老名高校の吹奏楽部員が登場し、全5曲を披露。カウントダウンで公園全体が照らされると、周囲からは「わあっ」という歓声が上がっていた。  イルミネーションは来年2月14日(木)まで、午後4時30分から10時30分まで実施される。

地酒、新米、「おでんナイトニッポン」 海老名でイベント

おでんと共に地元ゆかりの地酒や新米を楽しむ催し「おでんナイトニッポン」が16日、海老名駅西口プロムナード(海老名市扇町)で初開催された。午後4時に始まり、空が薄暮れた同5時すぎには市内唯一の酒蔵、泉橋酒造(下今泉)が新酒を「ご縁」にちなんで1杯5円で限定販売。来場者は市内産ダイコンのおでんなどと共に乾杯を楽しんだ。  同駅西口活性化と収穫の感謝祭の意味合いも込め、市などが初企画。冬めいた空気が会場を包む中、ぬくもりを求め、市内飲食店が腕を振るったおでんや、同酒造を含む県内13の酒蔵から選べる地酒を販売するテントに行列ができた。良食味米として知られる県内発の品種「はるみ」による海老名市産の新米の試食・販売もあった。  会場内はジャズなどの音楽が流れ、おしゃれな雰囲気の中、来場者は食事や会話を楽しんだ。市内から訪れた30代女性は「好きな地酒が飲めて体が温まっていい。行列ができているが、並んでおでんも食べたい」と楽しそうだった。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

厚木市・・海老名市マーベラス運転代行 

神奈川県公安委員会認定第311号

厚木SC:080-9574-8008 

サテライト:厚木市旭町1-29

サテライト:大和市中央1-3-9

厚木市・海老名市・伊勢原市の運転代行情報

厚木の運転代行で一番丁寧な運転代行はマーベラス本厚木海老名

料金改正及び運営方針変更が生じた場合は当HPを基準とします

厚木市で運転代行ならマーベラスですエリアは厚木海老名伊勢原本厚木
運転代行を厚木市や海老名市や伊勢原市で探すならマーベラス厚木営業所
TandT_seikotsu_banner.jpg
厚木の運転代行はマーベラスで検索
代行運転探すなら厚木市海老名市伊勢原市のマーベラス厚木営業所TEL08095748008
厚木.海老名.伊勢原.運転代行
厚木市運転代行マーベラスのGoogleビジネス
海老名市運転代行マーベラスのGoogleビジネス
伊勢原市の運転代行マーベラスGoogleマイビジネス
厚木、海老名、伊勢原、大和運転代行マーベラスのティックトック.png
大和市運転代行マーベラス.厚木市運転代行.海老名市運転代行.jpg
carcar240_70.jpg
厚木運転代行、海老名運転代行、大和運転代行のご依頼はマーベラスのツイッター.pn
厚木運転代行、海老名運転代行、大和運転代行のご依頼はマーベラスのインスタグラム
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now