厚木市・海老名市・伊勢原市の運転代行マーベラス

厚木市のマスコットキャラクター「あゆコロちゃん」の誕生日イベントが来月2日、同市内で開催される。海老名市の「えび~にゃ」、岩手県陸前高田市の「たかたのゆめちゃん」など4県6市でつくるユニット「ゆる党」のキャラクターらもお祝いに駆けつける。入場無料。  2010年にマスコットに選ばれたあゆコロちゃんは市制記念日の2月1日が誕生日。年齢不明だが、市は「好奇心旺盛でやんちゃな男の子」と紹介する。イベントでは、ゆる党の仲間とともにステージイベントで会場を盛り上げる。あゆコロちゃんのグッズを身につけた来場者との「なりきりフォトセッション」やグッズ販売なども予定する。  午前10時~午後3時。メイン会場は同市中町の複合施設「アミューあつぎ」8階の屋内広場「sola」。同施設の6階には「あゆコロちゃんのお部屋」と題した展示コーナーも設けられる。

あつぎ郷土博物館オープン=神奈川厚木市

神奈川県厚木市の「あつぎ郷土博物館」がオープンした。26日の記念式典には、小林常良市長をはじめ多くの来賓が出席。小林市長は「自然一体となった地に建設された他市にも誇れる中身。この地の新たな施設として、末永く市内外の皆さまに愛していただきたい」とあいさつした。  博物館は、約20年にわたり市の貴重な文化財を収集・展示し、昨年12月に閉館した厚木市郷土資料館に代わる施設として整備された。市の文化や歴史が分かる資料を時系列的に展示しているほか、市内に生息する草木や昆虫などの標本や動物の剥製など自然を体験できるブースなどを設置。単に見るだけでなく、触れて学ぶことができる調和型の施設になっている。入場は無料で、休館は毎月の最終月曜日(ほか年末年始)。 学芸員の説明を聞く来場者たち=26日、あつぎ郷土博物館 市教育委員会は「市内初の博物館の誕生というだけでなく、市の貴重な文化を後世に伝え、郷土愛や誇りを育むきっかけにしてほしい」と期待している。

厚木市・海老名市・伊勢原市の運転代行マーベラス

〇青年部会研修会(経営セミナー)  2月5日(火)午後7時〜午後8時30分、会場=厚木商工会議所5階会議室、内容=「働き方改革」って、何をすればよいの?、講師=神奈川働き方改革推進支援センターアドバイザー 伊藤義鑑氏、会費=無料 〇南毛利第1支部研修会  2月5日(火)午後6時〜午後7時、会場=アミューあつぎ6階ルーム606、内容=軽減税率制度について、講師=厚木税務署担当官、会費=無料 〇新設法人説明会  2月13日(水)午後1時30分〜午後4時、会場=厚木商工会議所3階会議室、内容=会社の誕生と税金、講師=厚木税務署担当官他、会費=無料 〇決算法人説明会  2月14日(木)午後1時30分〜午後4時、会場=厚木商工会議所3階会議室、内容=会社の決算と申告、講師=厚木税務署担当官他、会費=無料 ○法人税申告書の作成講座(全4回シリーズ)  2月15日(金)・18日(月)・21日(木)・26日(火)、午後2時〜午後4時30分、会場=厚木商工会議所3階会議室、内容=法人税申告書の仕組み等について、講師=厚木税務署担当官、テキスト代=3千円 〇教養講座  2月19日(火)午後3時〜午後4時30分、会場=厚木商工会議所5階会議室、内容=災害ボランティアによる防災セミナー、講師=ざま災害ボランティアネットワーク代表・濱田政宏氏、会費=無料 〇源泉部会定例研修会  2月20日(水)午後3時〜午後5時、会場=厚木アーバンホテル本館2階、内容=4月施行の働き方改革関連法による「就業規則・諸規程改定のポイント」、講師=みたけ社会保険労務士事務所

厚木市・海老名市・伊勢原市の運転代行マーベラス

手当の給付を始めます。 ■厚木手当とは 日比野設計本社が拠点としている厚木市内に住む社員に対し、1ヶ月1万円の家賃補助を行う制度です。さらに、厚木市の中でも事務所に近い飯山に住んでいる社員に対しては、1ヶ月1万円の家賃補助がプラスされ、最大2万円の補助がされます。該当者は社員28名のうち20名。月2万円の補助が受けることになるのは、13名と社員の約2分の1にも及びます。 ■なぜ厚木にこだわるのか 日比野設計は創業1972年より、自然豊かな厚木市飯山に本社を置き、現在47年目を迎えます。ふるさと納税の普及により市の税収入の減少が叫ばれる中、地元厚木に根差した企業として地域へ貢献したいという想いから、この制度が考案されました。近年自治体の税収入の減少の深刻化は都心部で顕著に見られますが、厚木市においても寄付金に対し税控除額は最多を更新しており、報告されている2017年度においては約3,800万円の減収となっています。「厚木手当」の導入により厚木に住む社員が増えることで、少しでも市の収入が増加し、地元厚木の発展に貢献できることを期待します。 ■社員への福利厚生 これまで住宅手当という形での補助は行われてきませんでした。厚木市飯山で1Kに住む場合の家賃相場は3~5万ほど。そのうち2万円が支給ということになれば、社員の負担は大幅に減少することになります。同社は、昨年4月より、働き方改革の一環として併設レストランでの朝食と昼食を社員へ無料提供を始めました。また、社員2人組のペアを作り、各チーム自ら企画して行く研修旅行制度など、社員のためのユニークな福利厚生は注目を浴びており、仕事の効率や充

豊かな自然の中で厚木の魅力再発見 あつぎ郷土博物館27日にオープン

豊かな自然の中で厚木の魅力再発見 あつぎ郷土博物館27日にオープン考古や歴史、民俗、自然に関する資料十七万点を収蔵する「あつぎ郷土博物館」が二十七日、厚木市下川入にオープンする。郷土にまつわる絵画や古文書、昆虫や植物の標本、祭りの用具などをそろえ、土、日曜を中心に座学や体験型の講座を開いて、厚木の魅力発信に役立てる。 博物館は、これまであった市の郷土資料館の老朽化や展示スペースの手狭さなどから新設。鉄筋コンクリート二階建て、延べ千五百九十平方メートルで、一階に展示室や体験学習室を備える。展示の見やすさを考慮し、透明度の高いガラスケースなどを導入。二階に資料の収蔵庫を設けた。 市立小学校の跡地を緑地として整備していた敷地は、一万二十五平方メートルの広さがあり、松林や芝生広場など豊かな自然も満喫できる。総事業費は八億円。 市教育委員会文化財保護課の担当者は「厚木の魅力を知ってもらうための施設で、豊かな自然に触れながら学べるのが特色。展示替えも積極的に行って、何回来場しても飽きない工夫をしていきたい」と意気込む。 開館特別展として、四月七日まで「浮世絵の世界」を開催。期間中、四回の展示替えをしながら、歌川広重や葛飾北斎らの作品計約二百五十点を並べる。今後、昆虫の観察や化石の模型作りなどの講座も開催する。 入場無料。休館日は毎月最終月曜。問い合わせは同博物館

厚木市・海老名市・伊勢原市の運転代行マーベラス

カメラ女子が捉えた厚木 本厚木駅地下道で写真展 「アツギ ジェニック写真展」の様子=本厚木駅東口地下道 首都圏のカメラ好きの若い女性に厚木市内のスポットを巡ってもらうツアーで撮影された作品を展示する「アツギ ジェニック写真展」が、本厚木駅東口地下道で開かれている。これまでも在学、在勤者をターゲットに市内の大学や企業で同様の展示をしてきたが、より多くの人に地元の魅力を再発見してもらおうと、初めて地下道を会場に実施することにした。23日まで。  展示写真は、産学公連携の「市地方創生推進プロジェクト」と市による撮影ツアー「アツギ ジェニック」に参加した首都圏在住の女性らが撮影した約100点。昨年1~3月に計3回、自然豊かで温泉などもある七沢地区や飯山地区など市内の観光スポットに足を運び、写真映えする場所やアイテムを思い思いに撮影してもらった力作が並ぶ。  日だまりの旅館の一室やおしゃれなカフェメニュー、相川地区でのイチゴ狩りの様子など厚木で出合える魅力的な景色、体験の様子が切り取られている。  会場は、複合施設「アミューあつぎ」側のショーウインドー。展示のほか、同ツアーの様子を映像で紹介するコーナーもある。

厚木市・海老名市・伊勢原市の運転代行マーベラス

空き家対策専門家と連携 相模原、厚木、海老名市相模原・県央地区の自治体が、空き家対策で不動産業界など民間団体と連携する協定を結ぶケースが増えている。2015年の空き家対策特別措置法施行を受け、広範な分野にわたる空き家問題について、専門家団体と連携して対応を進めていく考えだ。 相模原市は18年12月下旬、神奈川県弁護士会、県司法書士会、県宅地建物取引業協会相模北支部、同南支部など計8団体と「空家等対策に関する協定」を結んだ。 市交通・地域安全課によると、各団体はこれまでもそれぞれが空き家に関する相談を受けてきたが、協定締結により、相談内容が複数の業種にまたがる場合は市や他の専門家団体が連携して相談に対応していく。 同市内では相談件数の集計から、同年11月末時点で、倒壊などの危険や衛生上有害な恐れなどがある「特定空き家またはその疑いがあるもの」が383件あることを把握している。 厚木市は18年12月に、県土地家屋調査士会、市建設業協会、市シルバー人材センター、市民生委員児童委員協議会の4団体と「空き家等対策の推進に関する協定」を結んだ。同市では既に17年3月に、神奈川県弁護士会、県司法書士会など4団体と同じ協定を結んでおり、相談会やセミナーを開いてきた。今回、新たな4団体と協定を結んだことで、各団体が空き家の解体や改修、除草や樹木伐採などで協力する体制を強化した。 同市内では18年11月時点で空き家が632件あった。所有者の半数が60歳以上で、およそ3割が市外在住で自力での維持管理が困難になっているという。 海老名市も同年12月に県行政書士会海老名・座間支部と「空き家対策における協

厚木市・海老名市・伊勢原市の運転代行マーベラス

1999(平成11)年の厚木市の出来事を振り返る新成人が誕生した今から20年前の1999(平成11)年。世間はノストラダムスの大予言「空から恐怖の大王がやってくる」と謳われ、松坂大輔投手が初登板、今も続く人気アニメ『ワンピース』が放映開始、2000年問題が取り沙汰されていた。同年の厚木市では、何が起きていたのか。当時の本紙紙面や厚木市の広報などから振り返る。 * * マイタウンあつぎ情報システムが2月にスタート。AMS(あつぎマルチメディアステーション)と呼ばれ、公共施設を中心に市内44カ所に設置された街頭型端末機のほか、インターネットの普及を背景に、企業や家庭のパソコンから簡単にアクセスできるようになった。 同月には市長選が行われ、一騎打ちを制し山口巖雄氏が2期目を決めた。投票時間が2時間延長されたにも関わらず、投票率は38・61%と過去最低だった。同年は4つの選挙が執行された統一地方選イヤー。4月の知事選と同日にあった県議選は混戦予想を覆し、3現職が議席を確保した。市議選では世代交代の様相を呈した選挙となった。 4月には市立森の里公民館・児童館が落成。両施設を合わせた市内2つめの複合施設となった。また前年に上荻野の岸重郎平さんから寄付された旧邸宅が、古民家岸邸として開館したのもこの月。市消防本部初となる女性消防士も生まれた。 2018年も4月から10月の毎週水曜に荻野運動公園で開催され盛況だった夕焼け市は、この年6月にスタートした。 普及に伴い、携帯電話やPHSが11ケタ化された同年、厚木市・愛川町・清川村で使用されていた市外局番「0462」が、7月に「046」へ変更となっ

厚木-海老名マーベラス運転代行

厚木市成人式2,479人が門出 14日 市文化会館 文化 文化会館前に溢れかえる新成人(昨年の様子) 厚木市成人式「はたちのつどい」が、1月14日(月・祝)に市文化会館で開催される。午前11時(受付開始10時15分)から正午まで。企画・運営は新成人6人からなる厚木市成人式実行委員会(牧田弥空(みく)実行委員長)。厚木市主催。  対象となるのは、1998(平成10)年4月2日から1999(平成11)年4月1日までに生まれた、市内在住および参加希望の新成人。市内では、2479人(男性1309人、女性1170人、外国人を含む。11月1日現在)が、祝いの門出を迎える。昨年比22人減。  今年の式典のテーマは『彩輪夢源(さいりんむげん)〜今まで。そして、これから〜』。当日は、清流睦太鼓によるオープニングセレモニーで幕を開け、市長らのお祝いの言葉に続き、中学校時代の恩師らから贈られる「お祝いビデオレター」を披露。アトラクションでは実行委員が作成した「プロジェクションマッピング」で会場を盛り上げる。 また記念撮影コーナーには、“インスタ映え”するパネルや小物が準備される。SNSのインスタグラムに「#(ハッシュタグ)彩輪夢源」をつけて投稿することで、新成人同士写真共有ができる仕組みだ。着崩れ直しや託児コーナーも用意される。  20年前、新成人が生まれた1999年の成人式は、男性2037人、女性1736人の計3773人が対象だった。出席者には記念品としてテレホンカードがプレゼントされた。  問い合わせは市青少年課【電話】046・225・2580へ。

厚木市・海老名市・伊勢原市の運転代行マーベラス

海老名市ってどんなところ? 海老名市には暮らしに根ざしたよいところがたくさんあります! ここでは、思わず海老名に住みたくなるような 魅力の一部をご紹介いたします! 住みたい 住み続けたいまち 海老名 海老名市についてAbout EBINA City JR相模線、相鉄線、小田急線の 鉄道3線、圏央道海老名IC 水田や畑も多くあり、 豊かな自然に恵まれる 史跡相模国分寺跡をはじめ、 歴史のまちとしての一面も 海老名市は 都市、自然、歴史と文化の調和を背景に、活力と安らぎのあるまちです 都心へ約45分、横浜へ約30分 首都圏へ楽々アクセス 鉄道と駅Train & Station JR相模線、小田急線、相鉄線、乗り入れ3路線 海老名駅周辺では 人口増を見込み、 大規模な開発が続きます 海老名駅には小田急線、相鉄線、JR相模線の3線が乗り入れています。 1日の平均乗車数は約29万人。県央の主要駅の一つに数えられます。 駅東口では大型商業施設「ビナウォーク」や、海老名中央公園が、また駅西口には「ららぽーと海老名」や西口中心広場、ブロムナードが誕生。 また、小田急線とJR相模線の駅間では現在も大型開発が進められており、商業施設や高層マンションなどが新たに立ち並ぶ予定です。市の玄関口として、さらなる発展が期待されます。 海老名中央公園 ららぽーと海老名 ビナウォーク 海老名駅東西を結ぶ駅間自由通路 ますます賑わう海老名駅周辺 相鉄線海老名駅の改良イメージ 相鉄線海老名駅は、現在、駅舎を改良中。 新しい駅舎は地上2階建てで、北側改札口も新設されます。 完成予定は2019

厚木市・海老名市・伊勢原市の運転代行マーベラス

厚木ってどこ?どんなところ? | 厚木にはどうやって行くの? 厚木ってどこ? 厚木市は神奈川県のほぼ中央、一級河川の相模川と丹沢大山に挟まれたエリアに位置します。 東京都心や羽田空港から約40キロメートル、横浜から約30キロメートルの距離に位置し、アクセスしやすい立地です。 厚木ってどんなところ? 交通アクセスが自慢の街です 厚木市内には、鉄道の駅と東名高速道路のインターチェンジがあることから、東京・名古屋方面から簡単にアクセスすることができます。 さらに、平成26年6月に圏央道(首都圏中央連絡自動車道)が本格開通したことにより、中央自動車道や関越自動車道とも直接つながり、群馬、埼玉、山梨、長野といった方面がさらに近くなりました。 また、東京都心や神奈川内へほぼ1時間以内で移動できることから、観光拠点としても大変便利な街です。 豊かな自然が自慢の街です 都心から近くアクセスの良い厚木ですが、丹沢山系の東端に位置し郊外に出れば深い緑の自然が広がります。手軽なハイキングから本格的なトレッキングまで、レベルに応じて楽しめる各種のトレイルコースが整備されています。 また、一級河川の相模川が市内を南北に流れており、広い水辺空間は市民の憩いの場となっています。 良質な温泉が自慢の街です 厚木は、都心から一番近い本格温泉を楽しめる街です。 市内には、二つの温泉郷(飯山温泉郷、東丹沢七沢温泉郷)があり、いずれの温泉も強アルカリの泉質で肌をつるつるに整えることから「美肌の湯」として有名です。 各温泉郷には、素朴な一軒宿から老舗旅館まで個性ある湯宿が点在し、日帰りから宿泊まで様々なニー

厚木市・海老名市・伊勢原市の運転代行マーベラス

表紙を飾るのは、児童の“達筆”-。自治体広報誌の題字に地元小学生の毛筆作品を採用する試みが、海老名市で続けられている。地元を大切に思うきっかけにしてもらおうと、昨年からスタート。好評だったため継続が決まり、4日からは同市役所内で、本年分として応募された作品の展示が始まった。11日まで。  毛筆作品は、書道の授業で文字を習い始める4年生を対象に、夏休みの課題として、横書きで「えびな」のひらがな3文字を募集した。「2年目で取り組みの認知が広がった」(市)こともあり、応募点数は市内全13校から昨年の倍近い431点が集まった。  同市では広報誌を月2回発行しており、毎号で異なる作品を使うため、教育委員らの協議で優秀作品24点を選出。本年1月1日号から早速、使用している。  市役所1階エントランスホールでの展示は、大胆な筆致や一筆書き風など個性豊かな力作が多数並ぶ。各作品に「海老名にずっと住みたいなという気持ちを込めて書きました」など本人の一言も添えられている。  市担当者は「児童の応募を通じ、その家族や知人にも地元を身近に感じる機会が広がれば」と期待。2年目で応募点数が増大したことから、応募作品の題字掲載や展示以外でのさらなる活用法も今後検討していくという。

厚木市・海老名市・伊勢原市の運転代行マーベラス

厚木市、ごみ戸別収集試行へ 金田など3地区で5月から 厚木市は5月から、家庭から出る燃えるごみについて、市内3カ所をモデル地区として戸別収集を試行する。ごみの減量・資源化のさらなる推進や、子育て世代や高齢者らの生活利便性の向上に結び付くかなど効果を見ていく考え。  モデル地区は、金田(約1400世帯)、まつかげ台(700世帯)、小野(400世帯)の3カ所。収集時間やルートの比較、検証なども行うため、戸建てと集合住宅が混在していたり、各住宅間の距離が離れていたりと、多様な地域条件が含まれるよう選定したという。  試行期間は5月からの1年間で、建物ごとに道路に面した敷地内に燃えるごみを出してもらう。集積所がある集合住宅は継続使用し、集積所がない場合は新たに設けたスペースに出してもらうようにする。  市は1~2月に、モデル地区の住民向けに説明会を開催。ホームページなどでも情報発信し、理解と協力を求めていく。  市は2019年度から、21年度以降のごみ処理の方向性を定める次期一般廃棄物処理基本計画の策定作業を本格的に進める予定。今回の試行で得られるデータも踏まえ、検討していくという。

厚木市・海老名市・伊勢原市の運転代行マーベラス

厚木が駆けた“平成”30年をプレイバック 天皇陛下の退位と、皇太子殿下の新天皇即位に伴う新たな時代の幕開けまで、120日。30年に及ぶ「平成」を駆け抜けた厚木の来し方を紐解く。  平成元年の厚木市は足立原茂徳市政の3期目で人口は19万2493人。4月に厚木市シルバー人材センターが発足、10月に荻野運動公園の競技場とテニスコートがオープンした。翌2年7月、厚木一番街にモールが完成。11月には市最大の公共施設・総合福祉センターが中町に開所した。  平成3年、2月の市長選で足立原氏が4回目の当選。7月には人口が20万人を突破した。4年4月に新座架依橋が開通、翌5年の第47回郡市対抗駅伝競走大会(現かながわ駅伝)で厚木市が初の準優勝に。  平成6年3月に厚木パルコ開店。7年1月、阪神淡路大震災の救助活動に市職員を派遣。2月の市長選挙で山口巖雄氏が初当選を果たす。8年8月、厚木市がホームページを開設、9年4月に厚木中央公園が全面オープンした。  平成10年、市郷土資料館がオープン。11年4月、前年に市へ寄贈された古民家岸邸が開館。12年、厚木市は湘南ベルマーレのホームタウンの一つに。翌13年ファミリーサポートセンターが開所。14年4月には本厚木駅周辺で暴力団抗争による発砲事件が勃発した。  平成15年、山口市政3期目へ。厚木市立病院がオープンする一方、青山学院大学厚木キャンパスが閉鎖。16年3月には厚木高校ダンスドリル部が全米選手権でグランプリ、10月に新潟県中越地震の救助活動に市職員を派遣。17年5月、第1回小江戸あつぎまつり開催。18年4月には厚木市東京事務所が開

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

厚木市・・海老名市マーベラス運転代行 

神奈川県公安委員会認定第311号

厚木SC:080-9574-8008 

サテライト:厚木市旭町1-29

サテライト:大和市中央1-3-9

厚木市・海老名市・伊勢原市の運転代行情報

厚木の運転代行で一番丁寧な運転代行はマーベラス本厚木海老名

料金改正及び運営方針変更が生じた場合は当HPを基準とします

厚木市で運転代行ならマーベラスですエリアは厚木海老名伊勢原本厚木
運転代行を厚木市や海老名市や伊勢原市で探すならマーベラス厚木営業所
TandT_seikotsu_banner.jpg
厚木の運転代行はマーベラスで検索
代行運転探すなら厚木市海老名市伊勢原市のマーベラス厚木営業所TEL08095748008
厚木.海老名.伊勢原.運転代行
厚木市運転代行マーベラスのGoogleビジネス
海老名市運転代行マーベラスのGoogleビジネス
伊勢原市の運転代行マーベラスGoogleマイビジネス
厚木、海老名、伊勢原、大和運転代行マーベラスのティックトック.png
大和市運転代行マーベラス.厚木市運転代行.海老名市運転代行.jpg
carcar240_70.jpg
厚木運転代行、海老名運転代行、大和運転代行のご依頼はマーベラスのツイッター.pn
厚木運転代行、海老名運転代行、大和運転代行のご依頼はマーベラスのインスタグラム
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now