伊勢原JCが企画

社会

ラギーを試乗(写真上)/コンセプトカーを展示

 伊勢原青年会議所(伊勢原JC・舘大樹理事長)が11月25日、11月の第一例会「未来のモビリティ試乗会」を日産バスターミナル(市内伊勢原)で開催した。

 「未来の乗り物試乗体験×人と人との交流=人のつながりから来る活気ある伊勢原の創造」をテーマに、最先端モビリティの試乗を通して新たな乗り物の可能性とまちへの普及に向けた市民の意識変革を目的に行われた。

 この日は予定を超える200人の応募があったため、午後からの試乗会を急きょ午前中から開始。インモーション(セグウェイ...

 海老名市議会は29日、本会議を開き、家庭系の有料ごみ袋や戸別収集の導入を盛り込んだ条例改正案について賛成多数で原案可決した。施行は来年9月30日で、市は市民への周知に注力していく考えだ。

 県内市で家庭系ごみの有料化を導入しているのは11月現在、大和、藤沢、鎌倉、逗子の4市。今回の改正条例が施行されれば海老名市は現状、4市に次ぐ5例目となる見通し。

 29日の本会議の討論では、市がごみの広域処理で座間、綾瀬市と高座清掃施設組合(海老名市本郷)を構成する点を踏まえた意見が賛否双方の立場から相次いだ。賛成議員は家庭系ごみの排出量が...

 圧巻の勝利――。11月10日に開催された「おいしい厚木コンテスト」。「祭り」を知り尽くした男・井手稔率いる「モヒカン居酒屋 酔良亭ばんばん」(市内泉町)が2連覇を果たした。

 「厚木を食でもっと元気に」を合言葉に昨年から始まった「おいしい厚木コンテスト」(主催/厚木みなみ商工クラブ/AMI厚木オイシイ南の輪、望月喜代志会長)。

 厚木由来の食材を共通テーマ(霜島畜産生産の元気たまごE)にした料理で、本厚木駅南口の個性豊かで元気な飲食店オーナー8人が参加。賞味した来場者へ配布したシールの数で優勝を競った。

 優勝した「酔良亭ば...

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者が金融商品取引法違反容疑で逮捕されたことを受け、伊勢原市の高山松太郎市長は26日の定例会見で「自動車産業は非常に裾野が広いと言われる」と述べた上で、雇用などの面で「影響が出なければいいと思う」と懸念を示した。

 同社の技術開発拠点「日産テクニカルセンター」(厚木市岡津古久)は敷地の一部が伊勢原市東富岡など同市域に位置する。高山市長は今後について「どういう展開になっていくのか分からず、大きな影響が出なければいいなと思う」と話した。

「TRCは、あれだけボロボロに非難したCCCとまた組むというんですよ。(賛成派の)私ですら、どうなってるのって、そりゃあ思いますよ」

 そうあきれるのは、神奈川県・海老名市の市議会関係者だ。3年前、佐賀県武雄市に続く第2の“ツタヤ図書館”として新装開館した海老名市立中央図書館。11月17日付当サイト記事『海老名市、ツタヤ図書館の継続ありきで選定の疑惑…募集・審査過程に不可解な点』にて、海老名市が、レンタル店「TSUTAYA」を全国展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と図書館流通センター(TRC)を、引き続き市立図書館の...

 横浜市西区にあった「神奈川県立青少年センター科学部」が10月22日に厚木市へ移転してきた。11月11日には移転記念のキックオフイベント「青少年のためのロボット体験会inあつぎ」が開催され、本格始動した。

 科学部は同センターが56年前に開館以来、青少年を対象に科学を体験できる活動の場として事業を展開してきた。国から指定された「さがみロボット産業特区」内である厚木への移転は、県内企業や研究機関、大学との連携強化へ向けたもの。

 キックオフイベント当日の式典では、首藤健治副知事が「昭和37年にオープンした青少年センターは当時として...

三井不動産商業マネジメント株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 青柳雄久)が運営する、三井ショッピングパークららぽーと海老名は、先着300名様限定のプレミアムパーティー「平成最後の年越しカウントダウンDISCO PARTY in EVVIVA!」を12月31日(月)22:00~開催いたします。

ららぽーと海老名3F EVVIVA! (フードコート)では、 この夏、DJ OSSHYや荒木師匠を招待して盛りあがりを見せたEVVIVA! DISCOに続き、平成最後の年越しカウントダウンを盛りあげるDISCOをスペシャル開催。DJによ...

いきものがかりの活動再開を応援するメッセージブース=厚木市中町

 今月2日に活動再開を発表した厚木、海老名市ゆかりの人気音楽グループ「いきものがかり」を応援しようと厚木市内で特設されていたメッセージブースについて、設置した市などは今月末まで展示を継続することにした。当初は、設置した3日からおおむね1~2週間の予定だった。新たに書き込むことはできないが、再開を喜ぶファンらの熱い言葉が見られる。

 ブースは、複合商業施設「アミューあつぎ」(中町)の地下1階の「あつまる横展示会場」に設置。「おかえり!また厚木に来てください」「インドネシア...