厚木市のマスコットキャラクター「あゆコロちゃん」の誕生日イベントが来月2日、同市内で開催される。海老名市の「えび~にゃ」、岩手県陸前高田市の「たかたのゆめちゃん」など4県6市でつくるユニット「ゆる党」のキャラクターらもお祝いに駆けつける。入場無料。

 2010年にマスコットに選ばれたあゆコロちゃんは市制記念日の2月1日が誕生日。年齢不明だが、市は「好奇心旺盛でやんちゃな男の子」と紹介する。イベントでは、ゆる党の仲間とともにステージイベントで会場を盛り上げる。あゆコロちゃんのグッズを身につけた来場者との「なりきりフォトセッション」...

 神奈川県厚木市の「あつぎ郷土博物館」がオープンした。26日の記念式典には、小林常良市長をはじめ多くの来賓が出席。小林市長は「自然一体となった地に建設された他市にも誇れる中身。この地の新たな施設として、末永く市内外の皆さまに愛していただきたい」とあいさつした。
 博物館は、約20年にわたり市の貴重な文化財を収集・展示し、昨年12月に閉館した厚木市郷土資料館に代わる施設として整備された。市の文化や歴史が分かる資料を時系列的に展示しているほか、市内に生息する草木や昆虫などの標本や動物の剥製など自然を体験できるブースなどを設置。単に見るだ...

〇青年部会研修会(経営セミナー)

 2月5日(火)午後7時〜午後8時30分、会場=厚木商工会議所5階会議室、内容=「働き方改革」って、何をすればよいの?、講師=神奈川働き方改革推進支援センターアドバイザー 伊藤義鑑氏、会費=無料

〇南毛利第1支部研修会

 2月5日(火)午後6時〜午後7時、会場=アミューあつぎ6階ルーム606、内容=軽減税率制度について、講師=厚木税務署担当官、会費=無料

〇新設法人説明会

 2月13日(水)午後1時30分〜午後4時、会場=厚木商工会議所3階会議室、内容=会社の誕生と税金、講師=厚木税務署担...

手当の給付を始めます。

■厚木手当とは

日比野設計本社が拠点としている厚木市内に住む社員に対し、1ヶ月1万円の家賃補助を行う制度です。さらに、厚木市の中でも事務所に近い飯山に住んでいる社員に対しては、1ヶ月1万円の家賃補助がプラスされ、最大2万円の補助がされます。該当者は社員28名のうち20名。月2万円の補助が受けることになるのは、13名と社員の約2分の1にも及びます。

■なぜ厚木にこだわるのか

日比野設計は創業1972年より、自然豊かな厚木市飯山に本社を置き、現在47年目を迎えます。ふるさと納税の普及により市の税収入の減少が叫ばれる中、地...

豊かな自然の中で厚木の魅力再発見 あつぎ郷土博物館27日にオープン考古や歴史、民俗、自然に関する資料十七万点を収蔵する「あつぎ郷土博物館」が二十七日、厚木市下川入にオープンする。郷土にまつわる絵画や古文書、昆虫や植物の標本、祭りの用具などをそろえ、土、日曜を中心に座学や体験型の講座を開いて、厚木の魅力発信に役立てる。 博物館は、これまであった市の郷土資料館の老朽化や展示スペースの手狭さなどから新設。鉄筋コンクリート二階建て、延べ千五百九十平方メートルで、一階に展示室や体験学習室を備える。展示の見やすさを考慮し、透明度の高いガラスケー...

カメラ女子が捉えた厚木 本厚木駅地下道で写真展

「アツギ ジェニック写真展」の様子=本厚木駅東口地下道

 首都圏のカメラ好きの若い女性に厚木市内のスポットを巡ってもらうツアーで撮影された作品を展示する「アツギ ジェニック写真展」が、本厚木駅東口地下道で開かれている。これまでも在学、在勤者をターゲットに市内の大学や企業で同様の展示をしてきたが、より多くの人に地元の魅力を再発見してもらおうと、初めて地下道を会場に実施することにした。23日まで。

 展示写真は、産学公連携の「市地方創生推進プロジェクト」と市による撮影ツアー「アツギ ジェニッ...

空き家対策専門家と連携 相模原、厚木、海老名市相模原・県央地区の自治体が、空き家対策で不動産業界など民間団体と連携する協定を結ぶケースが増えている。2015年の空き家対策特別措置法施行を受け、広範な分野にわたる空き家問題について、専門家団体と連携して対応を進めていく考えだ。 相模原市は18年12月下旬、神奈川県弁護士会、県司法書士会、県宅地建物取引業協会相模北支部、同南支部など計8団体と「空家等対策に関する協定」を結んだ。 市交通・地域安全課によると、各団体はこれまでもそれぞれが空き家に関する相談を受けてきたが、協定締結により、相談...

1999(平成11)年の厚木市の出来事を振り返る新成人が誕生した今から20年前の1999(平成11)年。世間はノストラダムスの大予言「空から恐怖の大王がやってくる」と謳われ、松坂大輔投手が初登板、今も続く人気アニメ『ワンピース』が放映開始、2000年問題が取り沙汰されていた。同年の厚木市では、何が起きていたのか。当時の本紙紙面や厚木市の広報などから振り返る。 * * マイタウンあつぎ情報システムが2月にスタート。AMS(あつぎマルチメディアステーション)と呼ばれ、公共施設を中心に市内44カ所に設置された街頭型端末機のほか、インターネ...