無断キャンセルについて

​ご依頼後の無断キャンセルは刑法233条-234条の2に該当する業務妨害罪となります。
法定刑として3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が課せられる犯罪行為です。
弊社では顧問弁護士を通し民事訴訟としてキャンセル料金及び現地での待機料金、他のご依頼者様の注文をお受け出来ない事態などの損害賠償に加え弁護士費用と債権回収に至るまでの全ての費用をお客様の電話番号や車両ナンバーを元に請求させて頂きます。
弊社顧問弁護士の会見は以下の通りです
「電話依頼の段階で契約は成立していると考えられます。つまり、店側は無断キャンセルによる損害を受けたと考えることができるため、債務不履行として、キャンセル料の請求や損害賠償を主張できます」
又、債権回収後であっても弊社への運転代行業務のご依頼の一切をお断り致します。
第三者を介してのご依頼であっても現地でご確認出来た場合はキャンセル料金を徴収し
​撤退致します。

無断キャンセル基準

​到着の報告後又はご指定の時刻より20分間お客様の指定場所にお越しにならず尚且つ連絡が取れない時は無断キャンセルとして対応致します。

キャンセル料金の支払い

当日又は後日、随伴車が撤収後にキャンセル料金をお支払いになる場合はVisa.Master.paypayの決済QRよりキャッシュレス決済を頂くか直接現金でお持ち頂き当日含む三日以内にお支払い下さい。債務が無効になった時点で民事訴訟などは申し立て致しません。

キャンセル料金

​キャンセル料金は一律1万円をご請求致します。
※御依頼時の通話内容はトラブル防止上全て録音しております。