マーベラス運転代行-厚木市海老名市伊勢原

厚木市の小林常良市長は医療従事者向けの新型コロナワクチンに急なキャンセルが生じ、自身が接種したことについて「市民への配慮が必要だった」と謝罪しました。 小林市長「発表時期などについて市民の皆さまの誤解を招かないように配慮が必要であったと、深く反省している。 改めておわびを申し上げる次第であります」 小林市長は4月23日と5月14日にワクチンを接種したことについてロスが生じないようにという思いだったものの速やかに発表する意識が低かったとして謝罪しました。 一方、市民向けのワクチン接種について接種会場への移動が困難な高齢者を対象に最大で2000円分のタクシー利用券の配付を始めました。また、急なキャンセルが発生した際に接種を受ける人を確保するため、自治会などの協力で社会福祉に従事する民生委員や自治会長などおよそ500人をリストアップするということです。 市民向けのワクチン接種は常設の市保健福祉センターに加え、22日から公民館での巡回接種が始まるほか、6月7日からは医療機関での個別接種も始まる予定です。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事