地酒、新米、「おでんナイトニッポン」 海老名でイベント

おでんと共に地元ゆかりの地酒や新米を楽しむ催し「おでんナイトニッポン」が16日、海老名駅西口プロムナード(海老名市扇町)で初開催された。午後4時に始まり、空が薄暮れた同5時すぎには市内唯一の酒蔵、泉橋酒造(下今泉)が新酒を「ご縁」にちなんで1杯5円で限定販売。来場者は市内産ダイコンのおでんなどと共に乾杯を楽しんだ。

 同駅西口活性化と収穫の感謝祭の意味合いも込め、市などが初企画。冬めいた空気が会場を包む中、ぬくもりを求め、市内飲食店が腕を振るったおでんや、同酒造を含む県内13の酒蔵から選べる地酒を販売するテントに行列ができた。良食味米として知られる県内発の品種「はるみ」による海老名市産の新米の試食・販売もあった。

 会場内はジャズなどの音楽が流れ、おしゃれな雰囲気の中、来場者は食事や会話を楽しんだ。市内から訪れた30代女性は「好きな地酒が飲めて体が温まっていい。行列ができているが、並んでおでんも食べたい」と楽しそうだった。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ