【日産前会長逮捕】伊勢原市長が影響懸念「裾野が広い」

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者が金融商品取引法違反容疑で逮捕されたことを受け、伊勢原市の高山松太郎市長は26日の定例会見で「自動車産業は非常に裾野が広いと言われる」と述べた上で、雇用などの面で「影響が出なければいいと思う」と懸念を示した。

 同社の技術開発拠点「日産テクニカルセンター」(厚木市岡津古久)は敷地の一部が伊勢原市東富岡など同市域に位置する。高山市長は今後について「どういう展開になっていくのか分からず、大きな影響が出なければいいなと思う」と話した。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ