住友商事/神奈川県海老名市に7.7万m2の物流施設着工

住友商事は12月1日、神奈川県海老名市でマルチテナント型物流施設「SOSiLA海老名」を着工した。

<SOSiLA海老名イメージ>

敷地面積3万3000m2に延床面積7万7000m2の建屋を建設し、2020年2月の竣工を目指す。

<建設地(11月28日時点)>

建設地は圏央道の海老名ICから1kmの立地で、海老名市が地区計画整理事業で整備した土地を入札で取得した。横浜方面への配送をはじめ、圏央道による広域配送にも対応できる。

リーシングは順調で、すでに大手物流企業など2社が全賃貸可能面積の7割以上への入居を決定しており、残りの区画についても引き合いが多く、早期満床が見込まれる。

建屋はランプウェイを有する地上4階建てで、1~3階までがそれぞれ中央車路を挟んで2面のトラックバースを有する構造。3・4階は2層使いを想定したメゾネット仕様になっており、3階のバースはテナント企業の意向を取り入れ、飲料など重量物の取り扱いに対応するため低床式を採用した。また、1階はチルド帯ニーズを取り込むため、冷蔵設備に対応する。

倉庫スペースでは2.5トンフォークリフトが走行可能。トラックバースやランプウェイは、大型車両の利用を想定した設計になっている。

<エントランスイメージ>

<休憩室イメージ>

4階には、快晴時に富士山が眺望できる従業員向けの休憩室を整備。ほかにも雇用対策として、行政による協力のもと、バス停の誘致やレンタル自転車の導入などに取り組む方針だ。BCP対策としては停電や断水に備え、非常用発電機とマンホールトイレを採用。屋上には太陽光パネルを設置し、緑化とあわせて環境にも配慮する。

<住友商事の東野 執行役員生活資材・不動産本部長>

住友商事の東野 博一執行役員生活資材・不動産本部長は、着工に先立ち11月28日に行われた安全祈願祭で、「SOSiLA海老名は、SOSiLAシリーズで記念すべき10棟目の物件。着工前に入居が決まった2社は住友商事と縁が深く、同施設への入居で縁がさらに深まった」とコメントした。

SOSiLAシリーズは、SOSiLA海老名のほか、埼玉県でSOSiLA春日部とSOSiLA川越を建設中。住友商事では物流施設の開発に年間300億円規模を投資しており、今後もEC事業者などの需要を見込み、同規模の投資を継続していく方針。

https://www.360ch.tv/video/view/1839

■SOSiLA海老名の概要
建設地:神奈川県海老名市中新田
アクセス:圏央道海老名IC(1km、車で2分)、JR相模線・小田急線厚木駅(徒歩19分)、JR相模線社家駅(徒歩15分)
敷地面積:3万3819m2
構造:RC(一部S造)
規模:地上4階建
延床面積:7万6568m2
着工:12月1日
竣工:2020年2月29日(予定)

  •  facebook

  •  

  •  tweet

  •  

  •  Google+

  •  

  •  ブックマーク

関連記事
  • 住友商事/物流施設、春日部・川越着工、海老名開発用地取得

  • ESR/3PL需要取り込む、千葉県野田市で3.7万m2の物流施設着工

  • オリックス/千葉県市川市に2.7万m2の物流施設着工

  • オリックス/埼玉県の松伏町に7.7万m2の物流施設着工

  • 住友商事/東京23区内初のSOSiLA物流施設開発

物流施設 最新記事
  • 住友商事/東京23区内初のSOSiLA物流施設開発

  • 住友商事/神奈川県海老名市に7.7万m2の物流施設着工

  • 鈴与など/清水港の新興津地区に7.4万m2の物流センター建設

  • 三菱倉庫/インドネシアで倉庫保管と国内輸送のハラル認証を取得

  • プロロジス/福岡県小郡市に特定企業専用物流施設、開発決定

最新ニュース
  • 住友商事/東京23区内初のSOSiLA物流施設開発(12月20日)

  • 住友商事/神奈川県海老名市に7.7万m2の物流施設着工(12月20日)

  • 日立物流/IoTパートナーコミュニティフォーラムで物流WGの活動報告(12月20日)

  • 国交省/トラック隊列走行で高速道路インフラ活用を検討(12月20日)

  • 国交省/建設資材物流の生産性向上・ドライバー労働時間改善で懇談会(12月20日)

  • JR貨物/建替え工事に伴い、東北支社を仮移転(12月20日)

  • 近鉄エクスプレス/指名・報酬委員会を設置(12月20日)

  • 日通/内航定期航路「東京~九州・瀬戸内航路」の寄港地を変更(12月20日)

  • 三井住友建設/IoTで建築部材の製造・物流・施工を管理(12月20日)

  • マルハニチロ/業務用冷凍食品を約3~10%値上げ、物流費アップも要因(12月20日)

  • 北越パッケージ/来年4月より液体用紙容器値上げ、物流コスト上昇も要因(12月20日)

  • ニッスイ/家庭用すり身製品・業務用食品値上げ、物流費上昇も一因(12月20日)

  • 首都高/防災科学技術研究所と連携協定、防災から物流も展開(12月20日)

  • NTTロジスコ/物流センター改善報告会、15チームが改善活動を報告(12月20日)

  • DHLジャパン/顧客関係向上に資する取り組みで2賞受賞(12月20日)

  • 商船三井/石炭船の船級検査にドローン採用し実証実験(12月20日)

  • 日本郵船/スポーツ推進企業に2年連続認定(12月20日)

  • 日立物流/千葉県に最新設備の物流センターを本格稼働、拠点集約(12月19日)

  • 鈴与など/清水港の新興津地区に7.4万m2の物流センター建設(12月19日)

  • ニッパンレンタル/貨物運送の子会社設立、運送事業を内製化(12月19日)

  • 福岡運輸/DC・TC問わず、自社開発のバース予約管理システム稼働(12月19日)

  • JAL/国際貨物燃油サーチャージ、値下げ(12月19日)

  • イーソル/冷凍倉庫などで使えるハンディターミナル発売(12月19日)

  • 日本製粉/物流費など上昇で市販用冷凍食品5~13%値上げ(12月19日)

  • 福岡運輸/自社開発の車輛管理システムをグループ会社に拡大(12月19日)

  • 大和ハウス、フルキャスト/物流施設の人材確保へ業務提携(12月19日)

  • SBSゼンツウ/4温度帯食品宅配事業で改善事例を共有化(12月19日)

  • 山九/ベトナム企業に出資、設計・調達・建設・輸送で競争力高める(12月19日)

  • 三菱倉庫/インドネシアで倉庫保管と国内輸送のハラル認証を取得(12月19日)

  • レンゴー/世界包装機構の「ワールドスター賞」を受賞(12月19日)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ