厚木市・海老名市・伊勢原市の運転代行マーベラス

NZバスケ協会キャンプ地「厚木」で合意2020東京オリパラに向け

スポーツ

通訳を介してアドバイスをするキングさん。円陣を組み熱心に話を聞いていた厚高バスケ部の練習は、次第に声も大きくなり熱を帯びていった

 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、厚木市がニュージーランド(以下NZ)バスケットボール協会と2月7日、同市役所でキャンプ誘致に関する基本合意書に調印した。これに合わせ、市内中高生との交流イベントも行われた。

 今回合意書を取り交わしたことにより、NZ代表の男女バスケットボールと3人制『3×3』の男女代表の4種目において、厚木がキャンプ地となる。これらのチームが大会出場を決めた際、大会期間中は市内に滞在することが約束された。

 当日はNZからは代表チームゼネラルマネジャーのレナード・キングさんと特命全権大使のスティーブン・ペイトンさんらが来厚。合意書に調印した小林常良市長は「選定していただき光栄。今後もスポーツをはじめさまざまな分野で交流を深めていきたい」とあいさつ。キングさんは「これを機に、NZチームを応援してもらえたらうれしい。交流を深め、NZに厚木の魅力を伝えていきたい」と話した。

荻野中・厚木高でキングさん交流会

 合意書締結で来厚したキングさんが、2月6日に荻野運動公園で荻野中バスケ部と、7日には厚木高校で同バスケ部と交流した。

 元プロバスケ選手でもあるキングさんは、中学生にはシュートの基本を指導。高校生には、判断力をテーマに、攻守にわたり細かくアドバイス。ゴールへと向かう気持ち、仲間を応援する気持ちなどのメンタル面も伝えていた。「今日はとても楽しかった。自分で考えて動くことを忘れないで」とメッセージを送った。厚木高校の大石翔太キャプテン(2年)は「貴重な経験を今後に生かしたい」、佐藤美華キャプテン(同)は「代表チーム五輪出場を部員みんなで応援したい」と話した。



事前キャンプ成功から

 昨年7月にはNZ女子バスケ代表チームが、国際大会『ウィリアム・ジョーンズカップ』の事前キャンプを厚木で実施。女子日本リーグに所属する富士通レッドウェーブとの交流試合も行った。大会ではランキング上位にも勝利し優勝。ペイトンさんは「素晴らしい結果は事前キャンプの成功も大きい」と話し、今年も同様に厚木での事前キャンプから大会に出場する男子チームに期待を寄せた。厚木市バスケットボール協会の奥田豊治会長は「キャンプ地となったことで交流試合が開催され、ミニバスの子どもたちが観戦し、良い経験となった。今後も期待している」と話した。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ